外銀から戦コンに転職した僕のブログ

外資系投資銀行フロントオフィスを経て、外資系戦略コンサルティングファームで働いた僕が書く、業界の話とか学歴の話とか

ニュース

「若者の草食化」を否定してみたら実は女性の肉食化が見えてきたという話

投稿日:2014年10月15日 更新日:

若者が草食化した本当の理由というブログが話題になっていた。そこでは、統計データを示しながら、貧乏になったことが若者が草食化した理由であるとしている。

そこで、昨今指摘される「若者の草食化」という、ありきたりなこの指摘について、敢えて反論してみようと思いたった。ので、してみる。

この論の最大の間違いは”交際相手がいない=草食”だと短絡的に考えていることである。僕が「肉食系」と聞いて思い浮かべるのは「ヤリチン」及び「ヤリマン」と言われる友人の顔である。決して「交際相手のいる人」ではない。

そこで、性交渉に関する統計データを見る。すると「若者の草食化」というステレオタイプな話ではなく、「女性の肉食化」という面が表れてくる。ここ数十年で、交際相手を持たない比率は確かに上昇しているものの、性交渉の経験率は特に女性で増えているからである。

日本における男女別年代別の性交渉経験比率のトレンド

具体的に見てみよう。1987年、20-24歳の非童貞率は52.7%、一方非処女率31.9%であった。つまり、女性1人が1.7人の男性の筆下ろしを行っていたのである。いわば、一部(1/3以下)の性に対し先進的な女性に対して、男性の初経験は集中していたのである。
しかし、2010年には同年代の男性の非童貞率は56.3%(+3.6%)に対して、女性の非処女率は54.9%となんと+23%に及んでいるのである。
つまり、一部に集中していた”肉食系な女子”の比率が拡大し、童貞男性の減少を招くという、「女性の肉食化」が起こっているがゆえに、こういった数字になっている、と言えるのではなかろうか。

そう、草食男子なんて幻覚なのだ。
実は、男は変わっていなくて、女が肉食化しているだけ。肉食化しつつある女性の目線で見ると、男性が草食化しているだけなのだ。

-ニュース

執筆者:

関連記事

甲子園出場校の偏差値。実は偏差値50以上の学校が多い?

夏の甲子園が開幕する。 出場校の偏差値について、調べてみると、上から下まで非常に幅があり、面白い。 ただ、これは存在する科などについて、最も高いものを選んでいるため、 野球部というたいていスポーツ科だ …

「年収1000万円超のビジネスパーソンに聞く、就活生にオススメしない業界」調査で金融業界が弱い本当の理由。

「就活生にオススメしない業界」に色濃く見える業界色 年収1000万円超のビジネスパーソンに聞く、就活生にオススメしない業界というのが面白い。 エリートビジネスマンへのアンケートでは、金融業界とリテール …

フリマアプリはもう少し細分化されてもいい

メルカリは膨らみすぎて収拾つかなくなりつつある。その間隙をついてきた。 フリマアプリはもう少し細分化されてもいい、リアルもフリマと骨董市は別でしょ? ただノジマにアプリを流行らせるノウハウとか機動力と …

保険はAIやBigDataの流れで絶対にもっと高度化・効率化する

保険はAIやBigDataの流れで絶対にもっと高度化・効率化する。SMB向けにもっと小口の処理もできるようになるはず。面白い業界だと思う。 Next Insuranceが2,900万ドルを調達、スモー …

伊東美咲が2回連続で同じ出産予定日となったことを深読みした結果

どうでもいいことを検証してみる。 今日、伊東美咲さん(以下すべての名前で敬称略)が第2子の妊娠を発表した。 モデルで女優の伊東美咲(37)が第2子を妊娠していることが5日、わかった。所属事務所を通じて …