外銀から戦コンに転職した僕のブログ

外資系投資銀行フロントオフィスを経て、外資系戦略コンサルティングファームで働いた僕が書く、業界の話とか学歴の話とか

就職

初任給がクソ高いトップ500社のトップ企業は?調査外の外資系起業はどのレベル…?

投稿日:2015年6月2日 更新日:

東洋経済において特集されていた初任給特集において、トップは日本商業開発の50万円/月であった。
つまり年収600万円+ボーナスだということだろう。

参考:衝撃!これが「初任給が高い」トップ500社だ

では、これが日本のトップなのか?と問われれば、それは違うと言わざるを得ない。

外資コンサル及び外銀の初任給とはいくらくらいであろうか。
マッキンゼーとGSの初任給については以下の通りである。

・マッキンゼー:学卒550万円/院卒570万
・ゴールドマン・サックス証券:760万円

そしてこれにプラスでボーナスが乗る。
ただし、証券会社はフロントオフィス(営業など前線部隊)とバックオフィス(総務部など後方部隊)でボーナスが全然違うので、ここではざっくりと分けて想定する。

・マッキンゼー学卒:550万円+ボーナス50万円=600万円
・ゴールドマン・サックス証券(バック):760万円+ボーナス0円=760万円
・ゴールドマン・サックス証券(フロント):760万円+ボーナス240万円~=1000万円~

2014年であればこれくらいであろうと想定する。

ボーナス込でも
【外銀フロント>外銀バック>外コン】
という順序になるだろう。

勿論数年で順序は変わると思われるが、それはまた別のお話。。

ちなみに『外資系金融の終わり』(藤沢数希)に書かれているところでは

…フロントオフィスに採用された新人の年収は、1年目はだいたい600万円~800万円のベースと、ボーナスが100万円~300万円ぐらい。…
出所:20代で上場企業の社長並みの年収になった

とあるが、これは2012年である。
アベノミクスがあろうとも、水準観としては落ちる一方との感覚を持っている。

-就職

執筆者:

関連記事

メガバンクの歴代頭取(社長)の学歴

【就活生必見】メガバンク(都銀)の頭取の学歴から見る学閥の状況

さて、もう9月。 インターンを夏にする人もしない人も。 猫も杓子も「就職活動」(シューカツ)というものを意識し始めるお年頃だろう。 そうなるとどうしても気になる学歴についてのお話。 最近は銀行・証券の …

no image

あの大学の役員が多い企業シリーズを見てみた結果

11月は東洋経済が本気を出している。 役員シリーズである。これが結構面白い。 まず何が面白いって、特集が慶応から始まり、早稲田まで9日。 その後はスピードアップし、東大・京大はセットにして早稲田から5 …

第二新卒とセーブポイント。RPGから学ぶ転職戦略とは

後輩が転職を決断したようです。だけれど、まだまだ自分の中で色々な思いもありつつの転職だそう。 そもそも彼は新卒入社した1社目は超大手企業でした。1年弱の研修を終え、配属された現場は、課長が飛び級出世し …

戦略コンサルティングファームを受験する上で抑えておくべきフレームワーク一覧

戦略コンサルティングを受験する上で抑えておくべきフレームワーク一覧 戦略コンサルを受けると必ずと言っていいほど、ケース面接が行われます。 そこでうまくクリアするためには以下の様なフレームワークを抑えて …

住友商事エントランス

住友商事の歴代社長の学歴:住友といえば関西だが”関西圏の大学が強い”は事実?

商社の社長の学歴のシリーズ第3弾。 みんな学歴大好きだってアクセス数見てて感じますね。。 今回は 住友商事 だけど、住友といえば、関西発祥の財閥であり、やはり銀行など含め、関西系の大学が強いイメージが …