プロフェッショナル・キャリア・ログ

外資系投資銀行フロントオフィスを経て、外資系戦略コンサルティングファームで働いた僕が書く、プロフェッショナルなキャリアを目指す新卒者・転職者向け情報メディア

その他

2014年に買ってよかったものベスト⑤!!!

投稿日:2014年12月28日 更新日:


クリスマスも終わり、今年も残すところ数日。
買ってよかったもの⑤つ選んでみました。

①SONY Cyber-shot DSC-QX10
デジカメ。
merikuri2014
レンズだけのように見えるが、そうなのである。
基本的にはスマホとつないで使う。
カメラを遠くに置いて、何が写っているかを遠隔でスマホを通して見ながら撮影が可能。
ぼっちの旅行にぴったりである。

②CASIO デジタルカメラ EXILIM EXZR1300WE
自撮りに最適な回転型液晶のデジカメ

またカメラかよ、となりそうだが、、そう今年はふたつも買ったのである。
ただし、使い方はふたつで随分と違う。上はぼっち用だが、こちらはふたりでの自撮り用。
自分撮りが簡単にできるチルト液晶を搭載しているデジカメの中では安いが、性能は一般人には充分。
ただ、それなりのサイズがあり、両サイドにあるストラップホールに付属の紐を引っ掛けて、一眼レフみたいに持つと、かわいいので女子にも向いている。
両サイドのストラップとはこんな感じのイメージ↓↓
女子が持ってかわいいカメラ

③SONY ホームシアターシステム HT-ST3
サラウンドバー。

テレビの音声をアグレッシブにしてくれるものだが、
テレビのリモコンでもちゃんと音量調節できるし、音も迫力が出るので良い。
非常に薄い棒とウーファーだけなので、もちろん音にこだわる人には物足りないかもしれない。
液晶テレビのうっすい音に不満な人、声だけハッキリさせて聴きやすい音に変えたい人、
逆にサッカー中継で解説者の声が邪魔な人にはぴったりである。

④Lenovo YOGA Tablet 2 SIMフリー
SIMフリーの8型Androidタブレッド

SIMフリーのタブレットの中で安い範囲に入るが、性能としては充分というタブレット。
Sony Tablet(現在のXperia Tablet以前の)の最初のモデルであるSony Tablet Sであった、クリップ型のタブレットの形を採用しており(下の画像参照)、同機が武器としている長持ちバッテリーを使って角度を付けているのがポイント。
さくさくと使えるし、電池の持ちも良い。そしてこの角度のついたデザインや、キックスタンドの部分についても結構使い心地はよい。これは便利。
Sony Tablet S-角度をつけたデザイン

⑤isai FL LGL24
auのフラッグシップモデル、韓国LG製

あまり韓国にいい印象を持っていなかったこともあり、正直LGを舐めていた。
単純に安かったので買ったのだが、isaiスクリーンは気に入った。
あとは電池の持ちも昔のAndroidとは比較にならないほど、長持ちになっている。
ただカメラの性能はどうにかしてほしい。。
コストパフォーマンスが高いということで、評価。

以上、電化製品が大好きなため、ソチラ寄りのチョイスになってしまったが、、ガチで選べば、僕がそもそもそういう人間なので致し方ない。
さて、来年はどんないい製品に出会えるのか、今から楽しみである。

-その他

執筆者:

関連記事

日本における男女別年代別の性交渉経験比率のトレンド

「若者の草食化」を否定してみたら実は女性の肉食化が見えてきたという話

若者が草食化した本当の理由というブログが話題になっていた。そこでは、統計データを示しながら、貧乏になったことが若者が草食化した理由であるとしている。 そこで、昨今指摘される「若者の草食化」という、あり …

このブログの記事の読者はゲスだらけという話

外資系(外銀・外コン)もしくは商社・銀行などの業界に関して、 そして給与及び学歴に強いブログを目指していますが どんなもんかと思い、SEOツールでチェックしてみました。 ということで、 キーワードごと …

総選挙!現状に過去を照らしてみると相場はどう動くと見えるのか

総選挙時における株価の推移について、現在見方が分かれている。 週刊ダイヤモンド 2014年11/22号の特集を見ると、消費増税の強行と見送りの際の相場に対する影響(ポジティブ・ネガティブ)をコメントし …

2017年のセ・リーグのペナントレース順位予想|開設者の予想一覧

野球の順位予想を見ながら、ギャンブル以外の予想屋で生きていける職業について知ってみる

プロ野球解説者の順位予想は当たるのか? ふと野球のペナントレース順位予想を見ていて、みんなシーズン前には適当なことを言うのに結果の確認をあんまり厳密にはされない楽な商売しとるなぁと思い、順位予想をまと …

人工知能でも注目される”期待値コントロール”とは何か?

人工知能は人間を超えるか( http://amzn.to/2fuTNIo )を読んだ。この本は今、まさにバズワード感もありながらのAI(人工知能)ブームについて、その人工知能研究者として第一人者である …