プロフェッショナル・キャリア・ログ

外資系投資銀行フロントオフィスを経て、外資系戦略コンサルティングファームで働いた僕が書く、プロフェッショナルなキャリアを目指す新卒者・転職者向け情報メディア

その他

典型的な日本人部下が会社を滅ぼすと恐れを感じた瞬間

投稿日:2016年4月18日 更新日:


こういうコンサルを2時間も喋らせておいて、疑問をクチに出せずにあとからブログ書くような人=”典型的な日本人部下”が会社を滅ぼすってマジかも

2時間、意味のないコンサルテーションを受けて、意味わからない最終分析結果と対応策を受け取った、というだけの話。

まず前提から。
正直に言おう。コンサルタントとはあくまでコンサルタントである。つまり、外部の人間であって内部の人間ではない。あくまでアドバイスをするだけの外の人なのである。
そのため、何の最終判断もできないので、コンサルタントが会社を滅ぼすことなど出来ようもない。

このブログにおける最後は「意味のない最終分析結果と対応策を受け取った」のであるが、このケースでは”これは意味ないわ”と思ってスルーすれば済む話なのある。が、著者は文章の中で全くタイトルに触れるような話はせず”コンサルタントが会社を滅ぼすってマジかも”とタイトルでおっしゃっている。

2回目だけれど。コンサルタントが会社を滅ぼすことはないのである。

このケースで会社を滅ぼすとすれば、
①無知なためコンサルタントの話を真に受けてしまい、実行してしまう筆者の上司(この中では実行することになったかどうかは定かでないが)
②おかしいと分かっていながら指摘をせず、上司の横で2時間も話を聴き続けてしまい、結果会社が滅ぼされるのをブログにだけ書き垂れ流す”典型的な日本人部下”の筆者
である。

コンサルタントとは正解を勝手に出してくれる人ではない。
何かの課題を解くために脳味噌の数が足りない時に使う、外付け脳味噌である。

つまり、このケースの場合には本来のあるべき目的とそのための現状のアプローチを正しく伝え、問題意識・課題意識があればそれも伝えることにより、外付け脳味噌を活用しながら、討議を行い、改善策を探るべきであろう。
そして、上司が知識的に追いつかないで、正しく状況の共有や討議ができていない中、それをできているはずである部下(=筆者)が対応すべき事象なのであるが、このブログを読む限り、腹の中で疑問や批判ばかりしておきながら、その討議の途中でまったくそれを言えない”典型的な日本人部下”に成り下がっているのである。
こんなにも美しい”典型的な日本人部下”っているんですね。。
僕はただのステレオタイプな表現にだけ存在するのであって、本当にいるのかはよく分かっていなかったのだけど、いたわここに!と思ってしまった。

コンサルタントが会社を滅ぼすってマジかも

-その他

執筆者:

関連記事

フリー素材美女の会社?!MKMパートナーズという転職エージェントに騙されるな!

MKMパートナーズなる転職エージェントがリーチしてきた MKMパートナーズという、Ameba Owndで自社サイトを作っている、転職エージェントが存在するのだが、ここがイカサマくさいマーケティング手法 …

伊東美咲が2回連続で同じ出産予定日となったことを深読みした結果

どうでもいいことを検証してみる。 今日、伊東美咲さん(以下すべての名前で敬称略)が第2子の妊娠を発表した。 モデルで女優の伊東美咲(37)が第2子を妊娠していることが5日、わかった。所属事務所を通じて …

このブログの記事の読者はゲスだらけという話

外資系(外銀・外コン)もしくは商社・銀行などの業界に関して、 そして給与及び学歴に強いブログを目指していますが どんなもんかと思い、SEOツールでチェックしてみました。 ということで、 キーワードごと …

人工知能でも注目される”期待値コントロール”とは何か?

人工知能は人間を超えるか( http://amzn.to/2fuTNIo )を読んだ。この本は今、まさにバズワード感もありながらのAI(人工知能)ブームについて、その人工知能研究者として第一人者である …

2014年に買ってよかったものベスト⑤!!!

クリスマスも終わり、今年も残すところ数日。 買ってよかったもの⑤つ選んでみました。 ①SONY Cyber-shot DSC-QX10 デジカメ。 レンズだけのように見えるが、そうなのである。 基本的 …