プロフェッショナル・キャリア・ログ

外資系投資銀行フロントオフィスを経て、外資系戦略コンサルティングファームで働いた僕が書く、プロフェッショナルなキャリアを目指す新卒者・転職者向け情報メディア

その他

人工知能でも注目される”期待値コントロール”とは何か?

投稿日:2016年12月5日 更新日:


人工知能は人間を超えるか( http://amzn.to/2fuTNIo )を読んだ。この本は今、まさにバズワード感もありながらのAI(人工知能)ブームについて、その人工知能研究者として第一人者である松尾豊教授が書かれた本である。
非常に読みやすく的確に”人工知能とは何か”を説明し、”これまで2回あった人工知能ブームとそれが期待ハズレとなったこと”を素直に述べている。また、今このブームが何によって起こっているのかについても書かれており、”何ができるのか(できそうになっているか)”と同時に”何ができないか(できそうにないか)”を率直に描くことで、ブームをブームたらしめない、研究者として適切なExpectation Controlを行っているように思う。
Expectation Controlは僕が就職して以降、何度も何度もその大切さを聞かされてきたワードであり、意味は直訳そのまま”期待値コントロール”である。
自分を良く見せようとしすぎると、ちょっとした失敗が起こった時に人はガッカリしてしまい、期待した分だけ落胆も大きくなる。逆に自分を謙虚に、低く見せすぎると、あいつは仕事が出来ないやつだと思われ、そもそも相手にされなくなる。といっても、シチュエーションによって、人は持たせるべき期待値が変わるので、時には大きく見せることも必要かもしれない。例えば、一世一代の大勝負で、何年も何年も手塩にかけた自分の会社を売る時、もう一度そういうことはないだろうと思った時、その経営者は最も高く自分の会社を売るために、とにかく自分の会社を”スゴそう”に見せるだろう。一方、復習テストの前に、自分は勉強をまったくしていないと嘯く同級生がいれば、彼は”できなさそう”に見せることで、あなたを油断させようとしているに違いない。そうやって今、自分はどういう風に周りに見られるべきなのかというのは時には、期待値を上げてみたり下げてみたりして、その次をより良い状況にするために、非常に大切なことだ。
今、人工知能は非常に高い期待値になっている。ワトソンが病気を見抜いたとか、ペッパーがお年寄りの心の支えになるとか、はたまた将棋でプロ棋士を負かしてみせたりして、人工知能はなんだってできるんじゃないか、仕事を奪ってしまうんじゃないか、そうやって一般人は思わせられてしまう。けれど、本当はすべてが人工知能でそう簡単にはうまくいかないという現実もあるようで、高く期待されてしまうがゆえに、裏切り者としてその後の研究活動に(助成金の動きなど含め)悪影響が出ないよう、松尾教授は今、細心の注意を払っているように思えた。しかし、やはり本人はその先端にいる者として、人工知能に対して深い愛を持つ者として、心躍ってしまっていて、ちょいちょい期待値をあげちゃってたりするのがまた面白かった。そんな文章を読むうち、自分もまた期待しすぎないで期待したいと思ってしまう、そんな本でした。
最後に。タイトル含め、期待=Expectationという言葉を14回使いました。

-その他

執筆者:

関連記事

このブログの記事の読者はゲスだらけという話

外資系(外銀・外コン)もしくは商社・銀行などの業界に関して、 そして給与及び学歴に強いブログを目指していますが どんなもんかと思い、SEOツールでチェックしてみました。 ということで、 キーワードごと …

スカルプDまつげ美容液CM

スカルプDのまつげ美容液の”ハエル”は誤解を招く意図が強すぎではないか

映えた!は誤解を誘引しようとしていないか スカルプDのまつげ美容液、スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュのCMがひどい。 「映えた!」ってなんだよ、と。明らかに耳で聞いた人は「生えた!」だと思う …

2014年に買ってよかったものベスト⑤!!!

クリスマスも終わり、今年も残すところ数日。 買ってよかったもの⑤つ選んでみました。 ①SONY Cyber-shot DSC-QX10 デジカメ。 レンズだけのように見えるが、そうなのである。 基本的 …

財布を落としてショック!その後の対応集

典型的な日本人部下が会社を滅ぼすと恐れを感じた瞬間

こういうコンサルを2時間も喋らせておいて、疑問をクチに出せずにあとからブログ書くような人=”典型的な日本人部下”が会社を滅ぼすってマジかも 2時間、意味のないコンサルテーションを受けて、意味わからない …

フリー素材美女の会社?!MKMパートナーズという転職エージェントに騙されるな!

MKMパートナーズなる転職エージェントがリーチしてきた MKMパートナーズという、Ameba Owndで自社サイトを作っている、転職エージェントが存在するのだが、ここがイカサマくさいマーケティング手法 …